お客様に「おまかせで」と言われることは嬉しいことのはずなのに私にとってはプレッシャーというネイリストさんへ。デザインがパッと思い浮かぶようにするには情報収集の仕方がポイントです。

お客様との関係性が構築できると、「デザインはおまかせします」という方も出てきますね。
信頼してくれている証拠でもありますので本来は嬉しいことのはずですが、見本サンプル以外のデザインがパッと思いつかないと焦ったりしませんか?

これまでサンプルチップのデザインから選ばれていたお客様が、今回は突然「おまかせします」って。どうしよう。想定外。考えていなかった。。。
信頼してくれているからだと思うけど、急に言われるとどんなデザインがいいのか、パッと思いつかない。考えれば考えるほど出てこない。
後の予約も詰まっているからそんなに時間をかけて考えることもできないから何とかしないと。。。。

何もデザインが思い浮かばないまま、過去にサンプルで出していたデザインの色を変えてやってみた。ストーンをプラスしてみたけど、コテコテしすぎたかな。
次回はおまかせにはならないだろうな。むしろ、来店してくれるかも不安。

もっとデザインをパッと思いつくようになりたいな。最近入ってきた後輩は新しいデザインをどんどん作っているから、それに対しても焦る。もともとセンスがないかもしれないから仕方ないけど何とかならないかな

様々なお客様がいらっしゃるネイルサロンでは、どんなデザイン依頼があるかは事前に予測がつかないものです。だから、デザインに自信がない、デザインが思いつかない、真似はできるけど一からつくるとなるとじっくり考える時間が欲しいですよね。

でもパッと思いついておしゃれなデザインに仕上げている人もいます。たまたま最初からデザインセンスを持ち合わせている人もいるかと思いますが、その差は何でしょうか?

オリジナルデザインをパッとつくるためには2種類の情報収集が必要です。

1つ目はお客様の情報です。お客様の好みやライフスタイル、年齢、趣味、職業、職場、住んでいる場所、大切にしていること、夢、目標、、、、
できるだけ多くの情報を収集しましょう。会話や雑談の中からこれらを聞き出すことができるといいですね。

2つ目はデザインの情報です。普通に生活していると、デザインの参考になるものをたくさん見ているはずなのに記憶に残っていることはとっても少ないんです。
今後は看板やオブジェ、ブランドショップのウインドウやバッグ、靴のデザインや配色など、意識しながら見てみましょう。

センスが良いデザインがパッとできる人は、圧倒的に情報量と経験値が違います。雑誌を読む、ネットで海外ブランドのサイトを見るだけでも違います。そしてお客様とのコミュニケーションの中でお客様の情報を仕入れると、どんなデザインがいいか、ひらめくようになってきます。

一日や二日でできるようになるわけではありませんが、継続していくことで目の前のお客様にぴったりなデザインを考えることができるようになります。

オリジナルデザインがひらめくようになることで、さらに自信が付き、お客様へのご提案にも説得力が増し、どんなご要望でも焦らず素敵なデザインを考えることができるようになります。

そうなればネイリストはストレスなくどのお客様にも対応でき、お客様も毎回楽しみにしてくれる、、、どんどん関係性が構築されて指名、リピートしてくれるお客様が増えていきます。

一流のネイリストを目指すあなたにおすすめの講座

■ネイリストプロフェッショナル実践講座
サロンワークに必要不可欠な接客、技術、デザインのスペシャリストを目指す方のための講座です。
色塗りやさんになりたくない、私だけのデザインを考えたい、センスアップしたい、という方は3か月でオリジナルデザインが作れるようになり、スマートにご提案までできるようになります。
詳細はこちら

■PDA講座
パーソナルデザインアドバイザー®の資格取得の講座です。お客様のなりたいイメージやライフスタイル、マインドまでを考慮したデザインのご提案ができるようになります。似合わせやおしゃれのご提案ができることで、お客様との関係性構築がしっかりとでき、リピート率アップにもつながります。
詳細はこちら

関連記事

PAGE TOP