ネイルサロン経営

広告費をかけないと集客ができない。毎月新規獲得で苦労している。そんなネイルサロンが半年で広告費を大幅に下げるためにできること。

ネイル業界では固定客がなかなかつかないというサロンが多く、広告費ばかりかかってしまい以外と苦労しています。

都心でも家賃並みまたは家賃以上に広告費がかかっていて、小規模なネイルサロンですとなかなか利益が出にくいでしょう。

もっと広告費を下げることができたら、ゆとりもできるし、社員に還元することもできる。もっとお客様へのサービスを向上させるために経費を使えるし、もう1店舗出店するための準備もできる。

広告費を下げることができたらできることがたくさんあるからやればいい。わかっているけど、大手のクーポンサイトが無いと新規はほとんど見込めないからやめることはできない。

それで小さなサロンは閉店に追い込まれているという話も聞くし、だからと言って今からインスタやツイッターでの集客に切り替えることも、成果が出るまでにはそれなりに時間がかかるし、スタッフの負担がかかってしまうことになるから急にはできない。

これから規模を拡大したくても、この壁を越えなければ、、、という時期がありますよね。集客にかかる経費をおさえられたら、と誰もが考えることかと思います。ましてや今ネイルの集客といえば大手のクーポン予約サイトに頼るしかなく、また、それが一番効果的なことも事実です。

新規集客を縮小していきましょう

ネイルサロンを安定的に継続させていくためには、新規集客を無くすことを考えなければなりません。あなたのサロンは集客が仕事になっていませんか?または集客にばかり経費が掛かっていませんか?

新規集客を縮小すると、クーポン予約サイトのランクを落とすことができる、またはやめることができますので、地域にもよりますが経費を10万~50万は抑えることができます。

新規集客を縮小するということは、リピート率を上げるということです。

クーポンサイトでは新規に優しくお得になっていますので、お客様にとってはこれと言って特徴のない多くのサロンにリピートするよりも他のサロンを探して新規利用のクーポンを使う方が得なのです。

そこを覆すための手法や考え方が重要となります。

リピート率を上げるために必要なこと

お客様に再来店していただくために必要なことがいくつかあります。

①ブランドとして信用・信頼を得る
②他にはないサービスを提供する
③技術、センス、接客レベルの底上げをする

①~③はそれぞれ方法や考え方があります。ただ闇雲に行っていても全く成果は出ませんので、まずはこれまでの考え方を0にしてお客様のためのサロンを再度作り上げることとなります。

 

今後まずは10年継続できるサロン経営をするために、まずは根本の考え方を見直してみてください。

ネイルサロンを安定的に継続させたいサロンオーナーのための相談窓口はこちら。

ネイルサロンはきちんとやることで利益率をもっと上げることができます。
安売りしない、集客しない、スタッフが辞めない、そんなネイルサロンをつくりませんか?

ネイルサロンブランディング個別相談

関連記事

お問合せ・お申込み

  1. ネイリストのありかた

    「OL向けデザインばかりでつまらない」という理由でほかのサロンを探そうとする前に…
  2. ネイルサロンの面接

    ネイルスクールに通って資格取得はしたけれど、気になるサロンのスタッフ募集はどこも…
  3. 接客

    色やデザインをなかなか決められないお客様だと時間がかかって焦ってしまう、、、とお…
  4. お知らせ

    一流ネイリストを目指すあなたのための講座「ネイルプロフェッショナル実践講座」がス…
  5. ネイルサロン経営

    広告費をかけないと集客ができない。毎月新規獲得で苦労している。そんなネイルサロン…
PAGE TOP