ネイルサロン経営

最初からスタッフ任せにしていて、気になることを今更注意や指導できなくなってしまった男性オーナーさん。仕組みをしっかり作りましょう。

ネイリストに任せっぱなしで、今現場がどのような状態なのかを把握できていない男性オーナーさんは、「いまさら口出しできない」と遠慮している方が多いようです。

ネイルのことはわからないし、サロン経験のある店長やスタッフに任せておいた方がうまくいく。そう思って自由にやらせていたつもりだったけど、スタッフの離職率も高いし、求人にかける費用ばかりかかる。

店長経験のあるスタッフに任せてはいるけど、スタッフ教育に時間をかける余裕が無い中でここまで離職率が高いと困る。ほかのサロンを良く調べていないからわからないけど、リピート率も単価も低い気がする。

任せて自由にさせていたから、いまさらどうやって指導したらいいのだろう。指導して辞められても困るし。

女性スタッフに対してどう指導していいかわからない男性のネイルサロンオーナーさん。わかります。年の離れた若い女性に指導したときに、踏ん張って乗り越えてくれるのだろうか。いまさら口出ししても聞く耳を持ってくれないのでは?と思ってしまいますよね。

仕組みづくり、組織づくりはしっかりできていますか?

ネイル業界は数年前よりは少し良くなったように見えますが、今でもまだ厳しい労働環境のサロンが多いといわれています。

もっと働きやすいところに転職したい。こんなことなら自分でサロンを開業したい。そう思うネイリストが非常に多いのは事実です。

そこで、働きやすい環境にするための仕組みや組織を構築することが必要となります。

仕組みづくりとは

給与ややりがいはもちろん、夢、役職や担当、仲間やチーム、スキルアップ、成長が手に入る仕組みができていますか?

ネイル業界はネイリストの夢を利用した「やりがい」に重きを置いているサロンが多く、給与が低い、キャリアアップがしにくくポジションがいつまでも同じ、などやりがいだけで限界が来た時にほかに手に入るものが用意されていないようです。

○○できたらお金がもらえる、○○できたらポジションが変わるなどわかりやすい仕組みができていますか?オーナーが自分自身でできないことであれば、それを作るための担当者を置いていますか?

ただ単にお金をあげるだけだと、お金目当てだけのスタッフに育ってしまいます。夢もお金も、やりがいもポジションも、仲間もスキルアップも必要です。

スタッフを評価する

ネイリストに必要な要素は大きく分けると3つ。

1.技術力
2.センス
3.接客力

それぞれに関して細かく評価基準を作り、誰もがわかるように成績をつけてあげましょう。

そしてそこに数字に関する評価をプラスします。

1.売上
2.指名率
3.リピート率
3.物販
など。

お金だけではなく、やりがいやスキルアップがスタッフにもわかるように可視化していくことが必要です。

仕組みができればオーナーと関係性がわかりやすくなります

スタッフに任せているのは数字だけではありませんか?ほかのやりがいやポジションやチームワークなどの部分をしっかり仕組み化できることで、それを店長に任せつつ、オーナーは見守り、励まし、支える役割に徹することでうまくいきます。

 

これまで何も言わなかったオーナーが、ふらっとサロンに来ていろいろ行ってしまうと、オーナーの気分で言われていると思われてしまいます。が、会社としての仕組みを作れば、口出しではなく会社の方針として指導しやすくなります。

女性ばかりの職場であるネイルサロンだからこそ、形さえできれば男性のオーナーの役割はとても大きなものとなります。ぜひ仕組みづくりをしっかり行い、働きやすい環境をつくってあげてください。

ネイルサロンでチームワークを向上させ、売り上げアップにつなげる相談はこちら

ネイルサロンはきちんとやることで利益率をもっと上げることができます。
安売りしない、集客しない、スタッフが辞めない、そんなネイルサロンをつくりませんか?

ネイルサロンブランディング個別相談

関連記事

お問合せ・お申込み

  1. ネイリストのありかた

    「OL向けデザインばかりでつまらない」という理由でほかのサロンを探そうとする前に…
  2. デザイン

    パーソナルカラーの知識~似合わせの観点で色選びが楽しくなる!!~
  3. ネイリストプロフェッショナル講座

    ネイリストプロフェッショナル実践講座
  4. デザイン

    お客様に「おまかせで」と言われることは嬉しいことのはずなのに私にとってはプレッシ…
  5. リピート率アップ

    リピート率を上げたい!という方はこれを実践しましょう【接客編】
PAGE TOP