デザイン

配色のイメージ~センスアップして提案上手になるための配色知識~

一流ネイリストに必要な知識の一つに、色に関する知識があります。

色についての知識を持っていると、説得量のある色のご提案、センスの良いデザイン考案が簡単にできるようになります。

今回は配色についてご説明します。

配色の種類

配色ルールのバリエーションを知っていると、イメージ通りのデザインを作ることができます。配色の種類はたくさんありますが、代表的な配色をご紹介します。

1.類似色相配色
2.同一色相配色
3.補色色相配色
4.グラデーション配色

色相環

配色を覚えるにあたって、色相環を知っている必要があります。

色相環とは、スペクトルと呼ばれる虹に見られる赤・橙・黄・緑・青・青紫をグラデーションでつなげて一つの輪にしたものです。

色には番号がついていますが、これについての詳細は省略させていただきますが、簡単に言うと色の名前のようなものです。

配色に関してはこれらの色の位置が重要となります。

1.類似色相配色

色相(色み)が似た色同士の配色で、色相環で色相差(色の番号の差)が1ないしは2の関係。

≪イメージ≫
メリット  1.まとまりがでる 2.安心感がある
デメリット 1.単調 2.無難 に見えます。

色相環の色の番号が隣同士または2つの差の配色は、色の差があまりないためにまとまりが出て見えたり、安心感があるのですが、一方では単調に見えることもあります。

2.同一色相配色

同じ色相(色味)でトーンを変えた配色

≪イメージ≫
メリット  1.穏やかさがある 2.安心感がある 3.上品 4.優しい
デメリット 1.物足りない 2.さみしい

同じ色相(色み)の配色は濃淡のグラデーションになり、 品のある配色になりますが、少し物足りなさを感じるため、ポイントカラーをプラスしたりパーツをプラスしたりすると華やかになります。

3.補色色相配色

色相環上で反対にある色またはその両隣の色

≪イメージ≫
メリット  1.カラフルでかわいい 2.レトロ・ポップ
デメリット 1.派手 2.きつい

色の差がある配色は、カラフル感が出て元気なイメージになります。彩度が低い色(鮮やかすぎない色)で作ると落ち着いた配色になります。

グラデーション配色

色を少しずつ変化させた配色です。同じ色みで明るさを変える、同じ色みで鮮やかさを変える、同じ色みでトーンを変えていく、同じトーンで色味を変えるなどグラデーション配色の方法はいくつかあります。

≪イメージ≫
メリット  1.上品 2.穏やか
デメリット 1.ぼやける 2.物足りない

グラデーションは穏やかで上品なイメージを与え、見た目も美しいのが特徴です。

配色の活用法

どんなイメージにしたいのかをしっかりとヒヤリングし、イメージに合わせた色の組み合わせをしていくことがポイントです。

こちらは補色の配色なので元気でかわいいイメージですが、ビビッドカラーではないので少し優しいイメージとなっています。

 

まずはサンプルチップ制作でチャレンジしてみてください!!

一流のネイリストを目指すあなたにおすすめの講座

■ネイリストプロフェッショナル実践講座
サロンワークに必要不可欠な接客、技術、デザインのスペシャリストを目指す方のための講座です。
色塗りやさんになりたくない、私だけのデザインを考えたい、センスアップしたい、という方は3か月でオリジナルデザインが作れるようになり、スマートにご提案までできるようになります。
詳細はこちら

■PDA講座
パーソナルデザインアドバイザー®の資格取得の講座です。お客様のなりたいイメージやライフスタイル、マインドまでを考慮したデザインのご提案ができるようになります。似合わせやおしゃれのご提案ができることで、お客様との関係性構築がしっかりとでき、リピート率アップにもつながります。
詳細はこちら

関連記事

  1. デザイン

    〇〇先生のアート講習ばかり受講していてなかなかオリジナルのデザインが作れない、というあなたが簡単に自…

    ネイリストになったからには、自分だけのオリジナルデザインを作りたい、と…

  2. デザイン

    オリジナルのデザインを作るのが苦手というネイリストさんも、センス良くデザインできるようになるために必…

    すべてのネイリストが新しいデザインを思いつき、それを表現できるとは限り…

  3. デザイン

    ジェルの色選びで時間がかかってしまうネイリストさん。お客様に短時間で色を決めていただき、施術をスムー…

    お客様と一緒に色選びで時間を取ってしまって、施術時間が延びてしまうこと…

  4. デザイン

    絵心が無いと悩んでいるネイリストさんは他の強みを打ち出しながら、デザインの基礎を学ぶことをおすすめし…

    フラットアートなど手書きのデザインの人気があるシーズンになると、苦手だ…

  5. デザイン

    パーソナルカラーの知識~似合わせの観点で色選びが楽しくなる!!~

    色選びで時間がかかる、お客様を迷わせてしまう、どうしても強くおすすめで…

  6. デザイン

    自分が苦手なテイストを好むお客様だと、デザインを気に入ってもらえているか心配というネイリストに知って…

    自分が得意な、または好きなデザインをご依頼頂いときはテンションが上がり…

  1. 一流ネイリストへの道

    一流ネイリストとは。
  2. ネイルサロンの面接

    ネイルスクールに通って資格取得はしたけれど、気になるサロンのスタッフ募集はどこも…
  3. 接客

    施術中の会話が盛り上がらなくて、お客様がどう感じているのか不安に思っているネイリ…
  4. デザイン

    絵心が無いと悩んでいるネイリストさんは他の強みを打ち出しながら、デザインの基礎を…
  5. 講師紹介

    伊藤純子【青山・名古屋】
PAGE TOP