デザイン

ジェルの色選びで時間がかかってしまうネイリストさん。お客様に短時間で色を決めていただき、施術をスムーズに進めるために知っていてほしい色の知識。

お客様と一緒に色選びで時間を取ってしまって、施術時間が延びてしまうことはありませんか?

お客様に「今日は何色にしますか?」と聞いても、「うーん。。。」とだけ。「ピンク系とかいかがですか?」と聞いても「そうですねー」と。「この色は新色ですがどうですか?」と聞いても「いいですねー」と。

私自身にもっと色の知識やデザインの知識があれば、自信を持って「この色お勧めです!こちらにしましょう」って言えるかもしれない。でもお客様に気に入っていただけるか不安だから、なかなか強くお勧めができなくて。

そうしている間にオフとケアの時間が終わり、ベースも塗り終わり。かなり焦る。次の予約もあるのに。

ネイリストはそれぞれ得意な分野が違います。きれいに仕上げるがめの技術に優れている人、センスが抜群の人、コミュニケーション上手でいつも笑いが絶えない人など。

それぞれ大切なことではありますが、自分自身が色の知識が豊富で自信を持っていれば、お客様への説得力も増し、スムーズに色を決めていただけるようになります。

なぜお客様は色が決められないか

お客様が色を決められない理由はいくつかありますが、その一つに「ただ単に色を見せられてもイメージがわかない」というものがあります。
ピンク系で、といってもどんな風になるのか、どんなイメージになるのかを知りたいのです。

ですから、こちらのピンクはこんなイメージになります、このピンクはこのようなイメージになります、など具体的に説明できるとお客様は自分が求めているイメージに近い色を選ぶことができます。

色のイメージを学ぶために

色についての知識を深めるためには、1.色のトーンによるイメージ、2.配色によるイメージ、3.パーソナルカラーのイメージなどがあります。

それぞれ詳しく解説していますので、ぜひ参考してください!

色のトーンによるイメージ

配色によるイメージ

パーソナルカラーによるイメージ

 

一流のネイリストを目指すあなたにおすすめの講座

■ネイリストプロフェッショナル実践講座
サロンワークに必要不可欠な接客、技術、デザインのスペシャリストを目指す方のための講座です。
色塗りやさんになりたくない、私だけのデザインを考えたい、センスアップしたい、という方は3か月でオリジナルデザインが作れるようになり、スマートにご提案までできるようになります。
詳細はこちら

■PDA講座
パーソナルデザインアドバイザー®の資格取得の講座です。お客様のなりたいイメージやライフスタイル、マインドまでを考慮したデザインのご提案ができるようになります。似合わせやおしゃれのご提案ができることで、お客様との関係性構築がしっかりとでき、リピート率アップにもつながります。
詳細はこちら

関連記事

  1. デザイン

    トーンのイメージについて~お客様のイメージしている仕上がりに近づけるために必要なトーンの知識~

    ネイリストに必要な知識の一つとして色の概念であるトーンについて。大…

  2. デザイン

    絵心が無いと悩んでいるネイリストさんは他の強みを打ち出しながら、デザインの基礎を学ぶことをおすすめし…

    フラットアートなど手書きのデザインの人気があるシーズンになると、苦手だ…

  3. デザイン

    パーソナルカラーの知識~似合わせの観点で色選びが楽しくなる!!~

    色選びで時間がかかる、お客様を迷わせてしまう、どうしても強くおすすめで…

  4. デザイン

    お客様に「おまかせで」と言われることは嬉しいことのはずなのに私にとってはプレッシャーというネイリスト…

    お客様との関係性が構築できると、「デザインはおまかせします」という方も…

  5. デザイン

    私が苦手なテイストを好むお客様だと、気に入ってもらえているか心配というネイリストに知ってほしいデザイ…

    自分が得意な、または好きなデザインをご依頼頂いときはテンションが上がり…

  6. デザイン

    いつもありきたりのデザインばかりで新しいオリジナルデザインが思い浮かばない。センスがないんじゃないか…

    新しいネイルデザインを考えようとしてもなかなか思いつかないことはありま…

お問合せ・お申込み

  1. PDA講座

    パーソナルデザインアドバイザー®(PDA)認定講座
  2. 名古屋校

    都会と癒しの共存!栄・矢場町からすぐの名古屋校
  3. ネイリストのありかた

    お直しのお客様が続いて、自分の技術に自信がなくなったら読んでください。
  4. 店販

    ネイルサロンに勤めているけど、店販が苦手でお給料が増えないという方へ。
  5. 一流ネイリストへの道

    一流ネイリストとは。
PAGE TOP